生かれてる医学


         
自分を抑えて、「他人の山」を登り、社会適応をしても、
ストレス一杯で健康も能力も失ってしまう社会になりました。

「自分の山」を登って、充実感と健康と個性的な能力があり、
自分だけではなく、周りの人も救われるという
「心の時代」の生き方をめざしましょう。

ただ、「自分の山」を登るためには、
「あなたは、自分の価値を、何で決めていますか?」
という問いに答えなければなりません。

自分の価値を、世間体で決めている限り、
「他人の山」を登ることで、人生が終わります。


一方、「自分の価値は自分で決める。」、と言ってみても、
「我が強い」だけで、孤立と孤独の中で自滅します。

生かされてるのは医学的事実!

それが理解できれば、後は、
医学的に
かぎりなく優しいYu(ユー)について学びましょう。

  世間体からの自由、人間関係からの自由、性格からの自由、
過去からの自由、孤独からの自由、
病気からの自由、老いと死からの自由が得られます。

自分を生きて、社会適応もできる生き方、
本当の自分を生きて、
周りの人も幸せになる生き方ができます。
            


 生かされてる医学につきましては、

インターネット心療内科のホームページ
で、

詳しくお話をいたしておりますので。

そちらをご覧ください。










医学博士
笹田信五


1948年
生まれ
1974年
神戸大学医学部卒業
1979年
神戸大学医学部大学院(内科)卒業
1981年
ヨーロッパ分子生物学研究所(EMBL)に留学
1982年



新しい健康医学を創造するために兵庫県健康生活部に入り五色県民健康村
健康道場長となる。
「生かされてる医学」を完成する

1995年
NHKラジオ「こころの時代」に「もの満ちてこころ空し」で出演
2002年


NHK教育テレビ「こころの時代」に「自分の山を登るー21世紀の健康医学を
めざしてー」で出演
専門

心療内科
著書





「自分発見の処方箋」(河出書房新社)
「絶食療法」(NHK出版)
「健康医学ファースティング」(人文書院)
「ファイナル・ダイエット」(朝日ソノラマ)
「新しい心身健康医学」(JFC)